XiVOコールルーティングチュートリアル: XiVOと着信ルートアップ

いったんサーバーXiVO SIPトランク上で有効になっていました, ことができ、それらの電話番号 (DIDの), お使いのプロバイダが利用できるようになり、サーバーに送られます. もう一度説明するために、: 幹線関連する電話番号 (した) あなたのサーバーに、したがって、呼び出しが来ます, これはあなたの電話番号 (した) 上のサーバーを選択します. 次のステップでは、これらの着信コールは、システム内で処理されているようなあなたのXiVOを教える必要があります. 電話が鳴った場合, 応答音や光もオンまたはオフ? 私たちは、このステップを設定しない場合, ビジー信号が聞こえ、発信者.

通常、着信コール (着信コール) オン Nummer DID 関連トランクの登録番号で識別. 私たちは、このDID'Sのための内部リダイレクトを作成する前に, 我々は内の数値のための領域を持っています 外部 (Incalls) コンテキストAUTHORIZE. それはで見つけることができます IPBX:IPBXの設定:コンテキスト. 下 着信コール tab sollten schon einige Einträge vorhanden sein, これは補足されなければなりません. 具体的には、より多くの領域を追加する必要がありました、米国とカナダ以外の登録だDID人, 米国以外のほとんどの国で異なる電話システムが存在するため、.

xivo-内部route1のIn Deutschland sind Telekom, ボーダフォン, Unitymedia (だから、インターネットアクセスプロバイダー) 通常はインクルードはトランクプロバイダーをDID. それぞれがそれぞれの登録トランクプロバイダーのDIDのために内部リダイレクトを持っています (着信コールのルート) DIDどこ与えるXiVO文に追加することは行われるべきです. 例えば、電話 (拡張), 留守番電話、会議…

Um zu Beginnen wählt man IPBX:コー​​ル管理:着信コール そして、クリック + 加えます. それぞれについてDID, あなたが最終的にspecifiziert 携帯電話, それに関連付けられているDID, 受け入れ “デフォルト コンテキスト” Antufe用とターゲットgewüschteを選択 (先) 通話用 – 私たちの例では、ユーザーオタク宇野.

xivo-内部route2着信ルーティング かなり簡単にすることができます, それはユーザーに直接コールのルーティングに来るとき (ユーザー) oder recht komplex wenn die Anrufe zu einem カスタムコンテキスト 行きます, 具体的にIVR用 (下に示すように) 開発されました.

xivo-内部route3オプションのリストを表示することができる場合 フィールドをクリックし:

xivo-内部route4Den セーブ 設定を終了したら、ボタンを押しています. テストコールを確認するために、DID後に最良の方法, コー​​ルが正しくルーティングされていること.

この記事は、区マンディによってポストに基づいています:

XiVOコールルーティングチュートリアル: XiVOと着信ルートの設定